会計ソフトを使いこなそう!弥生会計・会計王・ネットde会計の使い方を学ぼう!
弥生会計・ネットDE会計・会計王:イーアカウント
イーアカウント 会計ソリューション 弥生会計・ネットDE会計・会計王 法人研修

 

HOME
簿記入門
▲ 簿記入門
┣ 簿記って何?
┣ 簿記の目的
┣ 簿記の計算期間
┣ 貸借対照表
 損益計算書
▲ 記帳入門
┣ 簿記上の取引
┣ 勘定
┣ 勘定記入ルール
┣ 仕訳
┗ 取引を記帳してみよう
簿記用語集
▲ あ行
▲ か・が行
▲ さ・ざ行
▲ た・だ行
▲ な・は・ば行
▲ ま行
▲ や・ら・わ行
雑 記
▲ NPO設立日記
▲ 掲示板
▲ ABOUT ME
 記帳入門・・簿記上の取引
 簿記は、経済活動を帳簿に記録します。それでは経済活動ってどのようなものでしょうか?簡単にいうとお金とかモノが動くような取引をと考えてくださいね。
簿記上の取引
 「簿記上の取引」とは,会社の「資産」「負債」「資本」「収益」「費用」の増減を引き起こす事象をいいます。
  そのため,「簿記上の取引」と「世間一般でいう取引」とはその意味が違ってきます。ここで,「世間一般でいう取引」の典型例を見て「簿記上の取引」との区別を明確にしておきましょう。
例えば
 旅行に行く計画のあるAさんは、友人のBさんに昼食をおごる代わりに車を貸してくれるよう取引した。  これは,企業の「資産」「負債」「資本」「収益」「費用」の増減変化を引き起こす事象とはいえませんので,「簿記上の取引」には当たりません。  皆さんは,簿記の学習をすすめていくうちに「簿記上の取引」とはどのようなものかが反射的にわかるようになりますので,今の段階では大まかなイメージとして捉えておけばよいでしょう。
もう少し詳しく
簿記上の取引:日常用語の「取引」とほぼ同じです。 ただし,いくつかの相違点があります。 火災・盗難などにより商品が滅失した場合,簿記上は取引と考えます。 「契約成立」は簿記上の取引ではありません。 商品売買における「納品」と,「代金決済」は別の取引として考えます。
 
次のページへ

 

 

 

 

 

 

 


Copyright (C) 2005-2006 TRADECREATE Co.,Ltd. All Rights Reserved