会計ソフトを使いこなそう!弥生会計・会計王・ネットde会計の使い方を学ぼう!
弥生会計・ネットDE会計・会計王:イーアカウント
イーアカウント 会計ソリューション 弥生会計・ネットDE会計・会計王 法人研修

弥生会計:簿記イーアカウント

HOME
簿記入門
▲ 簿記入門
┣ 簿記って何?
┣ 簿記の目的
┣ 簿記の計算期間
┣ 貸借対照表
 損益計算書
▲ 記帳入門
┣ 簿記上の取引
┣ 勘定
┣ 勘定記入ルール
┣ 仕訳
┗ 取引を記帳してみよう
簿記用語集
▲ あ行
▲ か・が行
▲ さ・ざ行
▲ た・だ行
▲ な・は・ば行
▲ ま行
▲ や・ら・わ行
雑 記

 

 

 

 

 

 

 

 


Copyright (C) 2005-2006 TRADECREATE Co.,Ltd. All Rights Reserved

 記帳入門・・仕訳
 簿記では、取引の結果を勘定記入することになりますが、その場合、いきなり勘定に書き込むのではありません。勘定記入の準備作業として仕訳を行います。今回は、取引を仕訳するという構造について学習します。
仕訳
簿記では,取引の結果を勘定記入しますが,その場合に直接勘定に書き込むのではなく,勘定記入の準備作業を行います。これを「仕訳」といいます。
  では,簿記上の仕訳とは何か,手順をおって説明します。(1) 取引について,まず、原因と結果を2つに分解し記入すべき勘定科目と借方か貸方かおよび金額を決定します。
(2) 決定した勘定記入を借方記入と貸方記入に分け,借方記入を左側へ,貸方記入を右側へ,それぞれ勘定科目名,金額の順で書き示します(一つの取引には必ず借方記入と貸方記入が少なくとも一つずつ表れます。また,借方記入と貸方記入とは一つの取引の合計金額が必ず一致します)。仕訳は,取引の発生順に記入していきます。
仕訳帳と総勘定元帳というノートに記帳

仕訳は,「仕訳帳」という書類(帳簿)に記入します。次に元帳上の勘定へ記入しますが,これを仕訳帳から元帳への「転記」といいます。

まとめ
簿記は簿記上の取引について原因と結果の2つに分解して仕訳帳に記入します。
次のページへ
 

さあ、これだけはしっかりと覚えよう!